2006年6月 1日 (木)

噛むほどに 味が出てくる JAYWALK。

今でこそ僕はBon Joviに心酔し、彼らの為なら人生を投げ打てる!と言うくらいのコアなファンなのだが、その昔僕にはもう一つハマったバンドがあった。その名はJAYWALK。

きっかけは中学の時、母親が「何も言えなくて・・・夏」のCDを買ってきて、ヘヴィーローテーションでかけはじめた事だった。子供ながらに何か感じるところがあったのだろう。妙に気に入ってしまった僕は、小遣いをかき集めて彼らのCDを買った。

音楽の時間は好きだったが、そうやってCDで誰かの歌を聴くという事はあまりしていなかった僕。隣にあった姉の部屋から流れてくる曲を漏れ聴く程度。CDを自分で買う時点で僕にとっては大事件。こうして音楽に対する僕の扉は開かれた。

僕を更に駆り立てたのは、この当時人気に火が点き始めたカラオケだった。CDを聴いて覚えた歌を教室で歌ったりしていたのだが、ある時友達からかかってきた一本の電話がその後の僕を変えてしまった。

「今からJ-WALKでも歌いに来ない?」この一言に、最初僕は友達の家でCDをかけながら歌うのかと思っていた。どのCD持っていこうかな、と言った僕に、友達は笑いながら言った。「カラオケに行くんだからCDはいらないよ」と。

当時はまだ純情でうぶな田舎の中学生。カラオケなんて行った事も無かった。ちょっと不良の香りがしたというか、自分にこうして関係してくるとは夢にも思っていなかった。それがこうしていきなり飛び込んできたのだ。かなり緊張しながら待ち合わせに向かった僕。親にもカラオケに行ってくるとは言えなかった。

ものすごく緊張しながら受付を済ませ、部屋に入った僕。一番最初に歌ったのはマッキーの「もう恋なんてしない」だったが、声変わり前の僕にとっては低音部がきついくらいだった。声質がそのままに、あのトーンが今出せたらどんなに良い事か・・・。

段々歌ううちに皆固さがとれ、のびのびと歌い始めた。T-BOLAN(だっけ?)やDEEN、WANS(だっけ?)とか、皆がはやりの曲を歌う中、僕は一人でJ-WALK。憑かれたようにJ-WALK。好きなアーティストの曲を、こうして歌えるってなんて素晴らしいんだ!と感動に打ち震えながら僕は歌っていた。

この日から、僕のカラオケ人生が始まったと言ってもいいだろう。歌う事の楽しさに目覚め、定着し、生きる事の一部となった歌。その原点は、彼らJAYWALKだったのだ。

ささやく事しかできないという、ある意味「死」に近い状態から復活した今、原点回帰をしてみたくなった。まだ60%くらいの回復度のおかげで、完璧な声が出ないという背景もあったが、あの時の新鮮な気持ちを取り戻したい。それが今回の目的だった。

セットリストは以下の通り。

1. 雨にも風にも
2. 言えなかった言葉を君に
3. 「俺...」
4. 君にいて欲しい
5. 心の鐘を叩いてくれ
6. SHE SAID...
7. WINNER
8. JUST BECAUSE
9. 誰よりも優しくて
10.失くしてしまった手紙のように
11.何も言えなくて...夏
12.RELAY RUNNER

ライヴはまず、軽快なナンバーで幕を開けた。どんな時でも負けない気持ちでいる事の大切さ、負けたとしてもその負けた事自体の大切さ、そしてまた立ち上がる強い気持ちを持つ事を持とうという熱い曲である。

喉の調子も良く、ノリノリで歌うJon。休養前に比べて高音部がやや出にくいようではあったものの、その熱さは全く失われていない。全身全霊をかけて歌っている。早くも(想像上の)観客もヒートアップしている。

続いて始まったのは、失恋の痛手を癒そうとしながらも癒せない、寂しさを歌ったナンバー。男だったらこんな気持ちになった事はあるんじゃないだろうか?そう言えば、(脳内の)会場を見てみると(脳内の)観客はほとんどが男だった。

歌い終わったJonは一度喉を潤した後、「(昼だけど)こんばんは、JAYWALKです」と挨拶。「今日は僕らの夢の一つだった『武道館でコンサート』、しかもこんなに大勢の人が来てくれて、本当にどうもありがとう!」と思いを語ってくれた。そうか、ここは武道館だったらしい。

そして落ち着いたイントロから始まったのは、Jonが最も熱く歌い上げる名曲、「俺...」。自分に心を寄せてくれていた恋人、その信頼がどのくらいに固いものだったのか。その全てが過去形で綴られていく。あまりに切ないそのラストでは、会場のあちこちでこらえきれずに涙する人が多かった。

次に始まった曲は、彼らの歌の中でもキャッチーで親しみやすいナンバー。不器用ながらも愛そうとする男の感情がストレートに伝わってくる。さっきとは変わって明るい曲に、会場もまた揺れた。

汗だくになりながら始まった次の曲は、人生に対する姿勢を歌った佳曲。間奏と秋霜では「ウォ〜ウォウォ〜」と合唱が起こる。歌っているJonもとても嬉しそうだ。恐らくライヴ前には不安もあった事だろう。しかしその心配は全くの杞憂に終わり、心からライヴを楽しんでいる。いい雰囲気だ。

続いての曲は、他とはちょっと雰囲気の違う曲に仕上がっていて、消えてしまった彼女を探して見つからず、男と女の関係について考え直しているところに、最後彼女の気持ちが語られる、というもの。恋人との間で手を抜いたり、安心しきっていないか、はっとさせられる曲だ。

ライブもいよいよ中盤にさしかかり、ここで始まったのは数少ない英語曲であるWINNER。何者も自分を止められないと熱く歌うJonは、まぎれもない勝利者だったと思う。

若干の中断(イントロの間に行ったトイレ)があり、始まったのは彼らのデビュー曲。熱い、熱すぎるこの歌い方!「歌よ!魂よ!!」とばかりに気持ちをぶつけるJon。「今ならお前を愛する事も、憎む事もできるだろう」の部分がやけに印象に残った。

次に始まったのは、失恋のテーマソング。今まさにフラれようとしているその時を歌ったこの曲に、自身と重ね合わせ涙する男の多い事(頭の中では)。自分自身が過去に失恋した時、この曲をカラオケで歌ってきただけに良く分かる。さぁ、泣くがいい。

更に曲は続く。忙しさ故のすれ違い、そして彼女との時間が減り顧みる事も少なくなっていった自分。そんな自分から離れてしまった彼女。何もできなかった自分を悔やみつつも、どれだけ失って初めて気付いたその大切さ。彼女の事はずっと忘れない・・・。

そして流れたこのイントロ、ついに来た!彼らのナンバーワンヒット曲、何も言えなくて...夏!!「世界中の悩み一人で背負ってたあの頃」というフレーズがすごく好きだったなぁ。深刻に悩みすぎて、そんな気持ちになった事もあったっけ。でもそこまでの大きな悩みなど自分が持つはずはない!と思って楽になった気がする。コーラスの部分はもう会場が大きく揺れるほどの大合唱となっていた。

早くも次はラストの曲、何がくるのかと思ったら、意外な曲が流れてきた。父から子へ、語りかけるようなこの歌。「お前のオヤジには、俺がなると決まってたのさ。俺にできるのは、生きてみせる事。」自分の生き様をしっかりと目に焼き付けさせる。その為にも恥ずかしい生き方などできるはずはない。きっとJonはそう言いたかったのだろう。最後にふさわしい曲だった。

全体的に高音部が弱く、時に揺れたり裏返りそうになった事もあったが、あの熱さはやはり見物だと思う。ここまで熱く歌える人はそうそういないはずだ。

Jon復活。そのパフォーマンスが何よりの証拠だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

第二回、独りカラオケ。

先週はお休みしてしまったが、今週はやったったのだ!さて、今回のタイトルだが

「独りカラオケ第2回 〜Live From London〜」

そう、今回はあの名作、Live From Londonを再現してしまおうという試みなのだ。とは言ってもただ歌うだけではつまらない、MCもちゃんと入れられるか、その辺りも考えて歌ってきた。まずは本日のセットリスト。

 1.Livin' On A Prayer
 2.You Give Love A Bad Name
 3.Keep The Faith
 4.Always
 5.Blaze Of Glory
 6.Lay Your Hands On Me
 7.I'll Sleep When I'm Dead
 8.Bad Medicine
 9.Wanted Dead Or Alive
10.This Ain't A Love Song
11.These Days

相変わらずHey Godを入れてくれないサイバーダム。その代わりに、今日は最後にヴィデオクリップとして流れていたThese Daysを入れてみた。

早速ではあるが、今日のレポート。

部屋に入った僕は、まず部屋を暗くした。そして頭に思い描きながら、手拍子などを入れてマイワールドに同化していく。目を開けた僕の目に映ったのは、7万人の観衆だった。手を叩き声を張り上げ、期待のこもった目で見つめる14万の目。ぞくぞくする快感の中イントロが流れ始めた。そう、まずはLivin' On A Prayerである。

辛い中でも必死に生きていく男女の物語、これに共感せずして何が男か、と。感情を込めて朗々と歌い上げるJon、この時点で泣きそうだったのに、この演奏が終わった後に次の曲へつなぐMCがまたかっこいい!

「You gotta talk to me! Come on Talk to me!!」
「I've gotta know! Are you with me tonight!??」

Yeah!!と叫んだオーディエンスの目の前でその腕が上がり、振り下ろされると同時に歌が始まる。Shot through the heart...か、かっこ良すぎる。最高だよ、(本物の)Jon!あんたが今俺のハートを撃ち抜いてるよ!!

「Do me a favour...」以下がちょっとあやふやにはなったが、Hi Mama!と叫べたから良しとする。そこで鳴り響くのはヒューのベースの音、とくればもちろんKeep The Faith!片手にはマラカスを当然装備し振り回す。シャドウボクシングをしながら元気いっぱいに跳ね回るJon、ボルテージは一気にマックスのまま次の曲へ。

ティコの叩くこのリズムは、そうあの名バラードAlways!会場全体が穏やかに揺れている。メロディーライン、歌詞、Jonの声、これほど感動的なバラードが他にあっただろうか?涙が止まらない、あぁJonの姿が見えない。。。ラストもCDとは違う歌詞で締めくくり、僕はその激しさに身を任せて恍惚との表情を浮かべた。

「How you doing...」うん、ここまでは大丈夫。「This song's for you, set up baby」のセリフは何度聞いても良いなぁ。

そして始まったカウボーイソング、Blaze Of Glory。ソロの作品ではあっても、やっぱりバンドでやるから良いなぁ。リッチーのソロだって入るし、やっぱりバンドが良いなぁ。

そして始まるドラムとキーボード、デヴィッドとティコの競演だ。どちらもとても楽しんでやっているようで、そしてとてもかっこいい!こういう年齢の重ね方ができたら幸せだよなぁ。やっぱり何か手に職をつけないといかんよなぁ。

そしてここで、僕の一番好きなMC。

Welcome to Johnny's church!
Johnny's church of Rock 'n' Roll!!
Where all you gotta do is believe.
You've gotta raise your voice so they hear you.
Sing!

本当に楽しそうに、ステージ上を駆け回り跳ね回るJon。いたずらっぽい笑顔がもう最高だ!リッチーのソロで大映しになったスクリーン、それに向かって拝むJon。彼らのライブは、楽曲と彼らのアクション、それらが相まって本当に楽しい!そして・・・

「Tico, give me a beat!!」

で始まるドラム、そしてそこから始まる「Oh yeah〜!」の掛け合い。この掛け合いがもう大好きだ。ライブでこれがないとちょっとがっかりする。もはやライブにはなくてはならない存在だろう。I'll Sleep When I'm Dead、こうしてノリのいい曲が次々と出てくるなんて、やっぱり彼らはすごいと再認識。

そしてここでもMCが入り、Jonが体の事を気にしだす。

「Somebody give me a doctor!!」

とくれば次は当然、Bad Medicine!曲の間奏で小さな女の子を連れてきて、ステージ中央で一緒に踊るJon。きっとこれを観れば、姉夫婦だって姪っ子と一緒にライブへ行かせてくれるに違いない。

さてここで一旦長めのMCが入り、なんとマイケル・ジャクソンの曲を蹴落としてThese Daysがナンバー1を獲得との事!もう場内大興奮!!

しかしここでHey Godの順番となり、脳内で早送り。次の曲へと進む。

ギターの音色とともに登場したのはリッチー、ツインネックのギター、テンガロンハットとくれば、もうこの曲しかあり得ない。Wanted Dead Or Alive!高々と掲げられたリッチーのピースサイン、このイントロ、僕はもう幸せだ。

そして次の曲をシンプルに紹介した。

「It's for you」

始まったのは新しいアルバム(These Days)からのバラード、This Ain't A Love Song。情熱的な歌い方をするJonに、僕はもう涙を流してたたずむしかなかった。他に何もできないほど、感動していた。

ライブは終わり、ビデオの最後を飾るトラック、These Daysが流れ始める。このイントロにかぶせてJonの語りが入る。特に好きな部分、「It's more important for me than the critics」。今夜集まった7万人を信じる、その彼らこそ批評家よりも大事なんだ、と。このバンドに人生を捧げたくなる名台詞ではなかろうか。


こうしてここまでを脳内でレビューしながら歌っていて、視点とかもうぐちゃぐちゃ。。。でもここまで妄想して気持ち良くなれる僕は、相当に幸せな人間だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

我歌う故に我あり。

実は今、mixiでちょっとした日記を書いている。そこでふと思いついた事が、何かを企画ものとしてやってみようかという事。とはいえ、とっても独りよがりな企画になるだろうから、その間のアクセス数は激減間違いなし、どうしようという境界にいたのだ。

ただ僕も色々と日々の事を書き連ねる事に加え、何か新しい事に挑戦したくもなった。この忙しい時期に何を言うかという声も自分の中にあるのだが、火が点いたものはしょうがない。よってここに、その企画を高らかに宣言しよう。

「毎週一人カラオケ!」

内容は至ってシンプル、その日に歌った曲のリストとちょっとした感想を書くだけ。しかも気に入った曲は何週にもわたって歌い続けるといった、斬新さのかけらもないこの企画。とりあえず飽きるまで続けようかと思うので、しばしお付き合いいただこう。その合間に、ちょこちょことテキストも書いては行く予定。

という事で始まった、第1回一人カラオケ!会場は渋谷の歌広場、使う機種はサイバーDAM。このサイバーDAMがまた素晴らしい。結構マイナーな曲まで入っているし、Bon Joviの曲数が豊富というのは何にも勝る利点だと思う。豊富な曲数とくれば、やってみたいのはやはりライブの再現。あんな歌やこんな歌も歌って、あの日のライブを再現!というのをやってみたい。

今回はそんな思いから、伝説となった2001年3月28日横浜アリーナのライブを再現してみようと思う。僕はこのライブに行く事ができなかった。今となっても心残りの一つである。まさか、彼らがバラードなしのライブをやるなんて!その悔しさを、今回は自分なりに消化する為の試みだった。

部屋に到着してウーロン茶を注文すると、早速僕は曲を入れ始めた。まずはこの日のセットリスト。

1. One Wild Night
2. Bad Medicine
3. Livin' On A Prayer
4. You Give Love A Bad Name
5. Keep The Faith
6. It's My Life
7. Blood On Blood
8. Something For The Pain
9. Born To Be My Baby
10.Tokyo Road
11.Just Older
12.Runaway
13.Wild In The Streets
(14.Next 100 Years)

1時間という制約があったので、この日は以上13曲。入ってなかったHey Godと、とある事情により入れなかったI'll Sleep When I'm Deadはご愛嬌。とりあえずここまでを一気に歌いきってみた。いやぁ、気持ち良いのなんのって。下にそのレビューを載せてみよう。

オープニングは、まずちょっと期待を裏切るような陽気で軽いメロディー。おや?と思った次の瞬間ギターの音が響き渡り、One Wild Nightでショウがスタート。いきなりJonは跳ね回り、手を振り回してノリノリだ。喉の調子があまり良くないのか、高音部がちょっと不安定だがそれでもこのテンション、上手い下手ではなく感じる感じないの問題なのだ。

続いて始まったBad Medicine、ここでもJonは止まらない。やっぱりあのセリフ、「Is there a doctor in the house!!?」から始まったこの曲でも、(架空の)オーディエンスを煽ったりマイクを向けたりと、会場は(一人だけだけど)一体感に包まれる。

そして次のイントロが始まった瞬間、会場のボルテージは最高潮に達した(気がした)。トーキングモジュレーターの音とともに始まったLivin' On A Prayer、もう鳥肌が立つほどの名曲である。喉の調子のせいからか、転調後のコーラスはほぼオーディエンスに歌わせていた(つもりだった)が、そんな事でこの曲の良さは色あせたりしなかった。

ここでMCが入り、観客(ウーロン茶を持ってきた店員さん)をひとしきり煽った後、流れるようにしてYou Give Love A Bad Nameへ。ステージ上(3帖ほどの狭い部屋)を所狭しと(本当に狭い)動き回り、元気いっぱいに歌い上げるJon。最後のパートも無事オーディエンスが歌い上げる(事にして)と、とっても満足そうな笑みを浮かべていた。

熱狂のライブは続き、ヒューがイントロを弾き始めると、Jonはマラカスを振り回しKeep The Faithを歌い始める。アクションにも熱が入り、マラカスを取り落とすシーンもあったが、そこにすら余裕を感じるのは、これが「楽しい」ライブだからだろう。もう最高である。

そうして流れはついにこの曲へ、諦めない事を力強く歌い上げたIt's My Life!ドラムに合わせて拳を突き上げ、It's My Lifeと叫ぶ彼ら(想像の中で)は、誰よりもロックしていたと言っていいだろう。

ライブも中盤にさしかかり、ここで個人的にとても好きな歌が始まった!変わらぬ友情を歌った名曲、Blood On Bloodである。男なら誰しも、悪さをも共有した親友と言う存在、それに憧れるのではないだろうか。友達は永遠に友達と歌うJonはとても真剣だった。

この辺りから時間が押してきてしまったのか、最初の部分がテンポアップされて短縮されたり最後が切られたり、一気に詰め込もうとし始めた。しかしそれでも山場はあり、一番のハイライトは最後のWild In The Streetsだったと思う。拳を突き上げこれでもかと飛び跳ね、声を張り上げて歌うその姿は、(もしいたら)見る者の胸を打った。歌っている事がいかに幸せか、体全体で表現しているその姿は、ロックを愛する一人の青年だった(当たり前だが)。

こうして最後、演奏が終わっても止まらない(自分の)声に、エレベーターの中から中継(?)のようにしてNext 100 Yearsが始まる。短くはあったが、きっとお礼の意味があったはずだ。気持ちのこもったこのアンコールで、今日は幕を閉じた。

全体的に音が薄っぺらい曲が目立ったり、喉の調子が良くないせいで高音部が安定しない、などの問題はいくつかあったと思う。それでも、こんなに熱く、ハイに歌える人は他にいないんじゃないかと思う。そう、この熱さがあれば後は些細な問題となってしまうのだ。

この非日常、どうやら癖になってしまったようだ。

という具合でのセルフレビュー。うん、最悪の文章だ。。。3週間もすれば、1日のアクセス件数0とかも夢ではないんだろうなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)