« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月16日 (土)

買えるものは何ですか。

最近は色々なモノが売り出されていて、ネットを徘徊していても面白いものがごろごろしている。マニアにしか価値がわからないようなモノもあれば、「なるほど!」と思わせられるアイディアのモノまで。

例えばどこどこの空気の缶詰なんていうモノや、警視庁のキャラクターであるピーポくんのグッズなんていう、どんな人が買うんだろうと思うようなものがある。

また例えばこの前別の日記のコメントでも書いたが、月や火星、金星の土地なんていうのも売られていたし、実際にこれは夢を買うものだと思い月を姪にプレゼントした。

そんな色々なモノが売られている中で、僕は一つすごいものを見つけてしまった。

村が売られている。

見つけたのは楽天で。本気なのかどうなのか。値段が税込み10億2900万円、在庫は残り1個らしい。支払いはクレジットカードも受け付けているようだが、限度額が。。。

よく見てみると、配送も受け付けているようで、佐川やヤマトが届けてくれる上にメール便まで利用できるらしい。しかも代引きが可、と書いてある。10億を代引き・・・?

更には配送中の「破損」や発送商品の「間違い」、「不良品」に関しては返品も可能、とか。

「村」の「破損」てなんだ?道が一部陥没、とか??
「村」の「間違い」て?買ったのは○○村なのに、来さ村が届いちゃったよ!とか??
「村」の「不良品」?村人に不具合が起こりまして、とか??

すごい、こんなに突っ込みどころが満載だなんて。欲しい、すごく欲しい。でも10億か・・・。貯金しなきゃな。←買うの?!

ちなみに興味ある人はここからどうぞ。
http://www.rakuten.co.jp/yoroi/142709/146602/#158714

| | コメント (36) | トラックバック (1)

2006年9月11日 (月)

日本を支える者たちよ。

土曜日のこと。僕はその日恵比寿へ出かけ、モツ鍋に舌鼓を打っていた。韓国料理のその店には色々な美味しいメニューがあり、甘海老の辛みそ漬けや明太もちチーズチヂミ、そういった再度メニューも充実していた。

しかしやはり一番上手かったのはモツ鍋。見るからにつやつやぷりぷりとしたモツが、これでもかと鍋に入っている。いつもなら多少グロテスクに思える外見も、ここではとても光っていてきれいだ、と思った。

下処理の済んでいるモツを鍋に入れ、野菜がしんなりしたところで頬張る。これでもかというくらいに喰らう。口の中で、ぷりぷり弾けるモツはその辛味と調和してくどくも無く、あくまでも柔らかなその歯ごたえは口の中で溶けていく脂と一緒に至福の時をプレゼントしてくれた。

その鍋を使って、〆はラーメン。インスタントラーメンを鍋に入れ、程よく面が軟らかくなったところでとき卵を表面に流し入れ、刻んだネギと海苔を振りかける。そして半熟のままそれを皿に取り分けすすりこむ。もう、なんと言ったらいいのやら・・・。美味しんぼの京極さんなら、これ以上わしを喜ばせんといてや~、と言っていただろう。

そんなこんなですっかり満腹になった僕は、帰りの電車の中良い気持ちでうとうとしていた。しかし、突然その幸福は破られた。原因はおばちゃん。

ふと駅を見ると千駄ヶ谷。普段ならそこまで混まないこの駅が、何故かいっぱいになっている。どやどやと中年のおばちゃんたちが大量に電車に乗り込んできて、「田野さん、こちら空いてるわよ!」「三井さん、あなた座りなさいよ。」というように、もう大合唱。

なんだなんだ、今日はヨンの来日でもあったか?と思い見回してみると、みな一様にお揃いの袋を提げている。どうやらSMAPのコンサートだったようだ。ジャニーズのファンは皆10代の女の子というのが僕のイメージだったが、どうやら違うらしい。

日本で一番パワーを持っているのは、きっとおじちゃんでも女子高生でもなく、このおばちゃんたちなんだろう。この日はSMAP、別の日はヨン様、よくやるなぁ。

呆れながらもそのパワーにちょっと刺激を受けた夜。Bon Joviのニュージャージーライヴに参加できるよう、今からお金を貯めておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新たなる旅立ち。

昨日、新たにE.Sという人が誕生しました。
心からの祝福を、幸あれかし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

あくまでも、ヨシオなのだ。

どうしたら、というタイトルらしい。

こんな書き出しをするという事は、今回もお待ちかねヨシオ日記の始まりである。今回も彼は日記を書いて送ってくれた。そして僕はまたしても悩んだ。どうしたら良いものか・・・。

今回も前もって書いておこう、かなり難解だと思う。一般人に理解できるか。ヨシオとある程度親しい僕ですら分からない。どうしよう・・・。

そんな僕の背中を押したのは、前回の日記についたコメントだった。ヨシオを、理解しよう。自分なりの解釈をそこに見つけてみよう。これは新しいコンセプトかもしれない。いける、いけるぞ!

という流れで今回もヨシオ日記が始める。最初に書いたとおり、どうしたら、というタイトル。そんなタイトルでこの日記のみ書かれた僕こそ「どうしたら・・・。」と悩んだことをここに書いておこう。それでは始まり始まり。

***ヨシオ日記 始まり***

悪魔払い、ヨーロッパ諸国では遠い昔から重んじられてきた。時にはそれが魔女伝説に変わることもあったが、なくなることはけしてなかった。

それから何百年と月日がたち高度文明社会となり、オカルトやホラーといったものが人々の日常から姿を消しそれはテレビや映画、漫画の世界に存在するようになりました。日々の生活に刺激が欲しいといった人達がテレビや映画をみて、空想を膨らませるようになった。

その中には私自身も入っており、恐る恐るビデオの電源をつけた。自分の周りには定番とばかりにポテトチップスとジュースが構えており、いつでも食べれる準備ができていた。

映像が流れはじめて一人の男性が戦場を歩いているシーンからスタートした。徐々に意識はテレビに向かいながらお菓子の袋をあける。

映画館では袋をあけるときや食べるときに細心の注意をしながら袋に手を伸ばす。そうしないと周りの目が恐いからです。この時からだと思いますがお菓子を食べながら見るくせが付いたのは。

そうこうしている間に話はクライマックスに近付き悪魔を倒す場面がきました。私自身悪魔払いを知らなかったのでとても勉強になりました。ぜひみなさんもみてください。エクソシストを。

***ヨシオ日記 終わり***

どうだろう、この素晴らしきヨシオワールド。突っ込みどころは星の数ほどあるだろう。もう心はヨシオが鷲摑みに違いない。さあ、あなたはどう解釈する?

ちなみにヨシオよ、「いま、会いにゆきます」の佑司ですらちゃんと言っていたのに、いい大人が間違えちゃいかん。「食べれる」ではなく「食べられる」だぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

そりゃなしだろ!

思わず笑ってしまうニュースってあると思う。今回はネット巡回中に見つけた、そんなニュースをご紹介。いつもと毛色が違うテキストになっているけど、ちょっとお付き合いください*

まずはこれ、イギリスのニュース。
http://www.japan-journals.co.uk/dailynews/060825/news060825_1.html

こんな悪戯されたら、そりゃ警察も怒るだろうな。でも実際「その通り!」と思ってしまうし、ユーモアとしてありだと思う。下品な落書きでなく、さりげないところがまた良いよなぁ。さすがイギリス。

そして次はこれ、アメリカでのお話。
http://abcdane.net/blog/archives/200608/omocha_luggage.html

まず一番最初に言いたいのが、そんなのを母親との旅行に持ってくなよ・・・。しかも見つかったのが女性係員だなんて、ものすご〜く恥ずかしかったろうに(笑)聴き間違えに一票というところだけど、この人の今後がとっても気になるな。。。

最後に、もう一つイギリスの話題を。
http://www.japan-journals.co.uk/dailynews/060823/news060823_3.html

まさかねぇ・・・。子供を守ろうとしたはずなのに、気付いたら子供を作ろうとしちゃった!なんてベタなオチだなんて。そんなオチで終わらせようとしているだなんて。

だなんて。
だなんて。

わぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »