« ヨシオ立つ。 | トップページ | そりゃなしだろ! »

2006年8月18日 (金)

迷い。

今回はいろいろな意味で迷った。

まず迷いの一つは、自分自身の文章として何も書いていない。最近全てのネタがヨシオネタになっているという事。まずい、これでは本当に乗っ取られてしまう。ここらで自分の文章を何か書いた方が良いのではないか、という事。

そして2つ目、実はこっちの方が大きな理由だったりするのだが、今回送られてきたヨシオ日記の出来があまりにも酷い!自分以外の人に読んでもらっても、「・・・?」という返事しか無い。どうしよう、載せるべきか。

しかし人間は弱い。夏休みはいろいろと遊んでいて、あまり執筆に費やせる時間がなかった僕は、ついこの誘惑に負けてしまった。はっきり言おう、このブログを読んでくれる人ごめんなさい。これから読む文章は・・・。

これ以上は語るまい、あとは実際に読んで判断してもらおう。次はもっとクオリティの高いものを自分で書きます。。。

*** ヨシオ日記 始まり ***

タイトル「夏風邪」

夏風邪。その状況が今の私にはぴったりかもしれない。もともと人間は動物のなかでも温度変化に弱い生きものだといわれている。しかし脱いだり着たりすることにより北極や南極から赤道付近のジャングルまですんでいる何ともめずらしい生きものだといえよう。また最近では地球だけではもの足りず隣の星に気軽に挨拶をしたりといったことも現実味を帯びてきている。しかし心配事も世界観が広がるのと同じように大きくなる。例え話でもよく使われるのだが、トムが学校帰りにサリーナと一緒に帰る途中で偶然にもサッカーチケットが手に入り彼女を誘うとしていた。また彼女も同じ日にライブチケットが手に入り誘うとしていた。今回の件は偶然にも同じ日に重なってしまったのだがありえないはなしではない。私自身も生きていくなかで困難という壁にぶつかってきました。時にはなかったことにしたり時には帰ったりと。人が集まればそれだけ方法は違う答えが帰ってくるはずです。その集大成が現代社会ではないでしょうか。

*** ヨシオ日記 終わり ***

いつもは僕が、ある程度で改行をを入れて読みやすいようにして載せているのだが、今回はどこで切ったら良いかも判断しがたいほどになっている。

まずこんな例え話はさっぱり聞いた事が無いし、その例えから何を言いたかったのか、それすら明確になっていない。そしてその例え話が終わったと思われるところからいきなり話が飛んでいる。何が言いたいのかがまるで読めない。

また断定的な語尾から丁寧な語尾に、なぜ最後にいきなり変わるのか。せめてそれくらい統一してくれないと、気持ち悪くてしょうがない。

これは本当に素なのだろうか、それとも読者を惑わす為に編み出した、彼一流のテクニックなのだろうか?

関わるもの全てを唖然とさせる、この素晴らしきヨシオワールドにどっぷりはまってみて欲しい。この夏が、ひと味違った夏になるだろうから。

|

« ヨシオ立つ。 | トップページ | そりゃなしだろ! »

コメント

負けた、負けたよ。
一字飛ばしで読んだりすると
何か、とてつもない現代社会への警鐘が
隠されているんじゃないかとか思い、
色々試したがまったく掴めず。

会った事はないけど
ヨシオさん、あんたにぁ負けたよ。

投稿: hiRo | 2006年8月22日 (火) 13時24分

つまり、
夏風邪、この「夏」と「風邪」という
書き出しから(無理やり)考えてみる。
暑い「夏」と、寒いときにひく「風邪」、
これらは本来相反するものであって、
強いていうならば、構造的矛盾を孕んでいる。
つまり、本来的には存在しえないものなのである。
しかし、現実には夏風邪になる人は後を絶たない。
論理的思考では解決できない、混沌とした時代を
我々は生きているのだ。

しかし考えてみると、本来人類は身体的な弱さを、
知恵を使い克服してきた。
死の世界であったはずの南極大陸でも、猛暑の
ジャングルの中でも生きてゆける技術を
会得したのである。
このように我々人間には自分には適さないもの、
異質なもの、それて急激な変化に対応する
能力が備わっているのだ。

だが、今、これまでとは比べ物にならないほど
大きな変化に人類は晒されているのだ。
--例えば地球人たる人類が宇宙空間へ

この激しい変化に人類は対応できるのか。

そして夏風邪という構造的矛盾を克服できるのか。
それとも
「トムとサリーナのジレンマ(1889;C.マルクス)」の様に、これからも問題を克服出来ずに
我々人類を永遠に悩ませ続けるのか。

私はこの難題について、これまで
自身の性格から、安易な気持ちで避けてきてしまっていた。
だが、私はここに宣言する、これからはどんな困難にも
ぶつかって行こうと。そして人類の多くが同じように
前向きで不屈の姿勢を示してこそ、
どんな困難をも乗り越えて行けるのである。
私はそう、確信している。

という事が言いたいに違いない。


尚、「トムとサリーナのジレンマ」に関しては
その後の研究で、チケットの「入手」が同日であった
だけであり、それぞれの「開催」は別の日であった事が
確認されている。(1967,J.B.Jovi)

投稿: hiRo | 2006年8月22日 (火) 13時58分

hiRoよ、君のコメントにも負けたよ。君ら二人が書いた方が良いものできるかもしれん(笑)ゴーストやるかい?

しかし相変わらずそれっぽい事書くの好きだな。。。

投稿: Jon | 2006年9月 5日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/3102976

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い。:

« ヨシオ立つ。 | トップページ | そりゃなしだろ! »