« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月28日 (金)

同じたれ目で見るものは。

この時期僕の心をつかんだものは、もう一つある。それが「とんてき」なのだ。

一人で岩手まで行く事にも慣れてきたある夏の日、祖父は僕をとあるレストランへと連れて行ってくれた。豚を中心に扱っていたそのレストランで、僕は全く慣れない雰囲気での食事にもじもじとしながら、メニューもろくに見ずにオーダーをした。

「カツ丼下さい・・・。」

この頃僕にとってのご馳走と言えばカツ丼だった。あの甘辛いたれが衣に染み込み卵と混ざり、絶妙なハーモニーを奏でるあのカツ丼。これよりも美味いものなんてこの世に無い!と信じていたこの頃の僕は、迷わず注文をしていたのだった。

しかしそこはレストラン、もちろんそんな庶民的なものはメニューに載ってなかった。しかも祖父の知り合いだったらしいその人はカツ丼を良く知らなかったようだ。とても恥ずかしくなった僕はオーダーを変えようかと思ったが、優しくどんな物かを聞いてくれ、特別にソースカツ丼を作ってくれた。親切心が嬉しかった事もあって、そのカツ丼はとても美味しかった。

そんな僕をニコニコと、そのたれ目を更に細くして眺めていた祖父が食べていたのが「とんてき」だった。どうやらそのレストランの名物だったらしい。一口一口、とても美味しそうに口へ運んでいた。試しに僕も一口食べさせてもらったのだが、あまりの美味しさに衝撃を受けた。

大きな豚肉のステーキは程良い火加減で焼かれ、固くならずに肉の旨味が凝縮されていた。その旨味を引き立てるソースは、なんとカレー風味。辛すぎない程度にスパイスが効きそのとろりとしたソースには、玉ねぎが適度に歯ごたえを残してアクセントとなっていた。あの美味さはもう絶対に忘れない。

それまでNO.1だったカツ丼を飛び越え、僕の中でチャンピオンとなったその「とんてき」。大好きな祖父と二人で、しかもこんなに美味しいものを食べる。僕にとってはいつどんな時よりも幸せな瞬間だった。

その夏から、僕は岩手に行く度祖父と一緒にそのレストランへ行き、その「とんてき」を食べた。いつ食べても、何度食べても美味しい。どんなに短い日数だったとしても、必ず寄る時間を祖父に作ってもらった僕は、他のどんな小学生よりも幸せだった。

そんな祖父が、病に倒れた。僕が中学二年の2時だった。その病気は血液の癌、白血病だった。母は看病の為に何度か里帰りし、僕も祖父を見舞いに病院へ行った。病気が進むと、祖父は意識もはっきりしなくなり、僕を認識できていたのかと思う事もあった。

それでも僕は信じていた。あの強い祖父の事、絶対病気なんかには負けない、と。そしてその通りに祖父は持ちこたえ、僕は14歳の誕生日を迎える事ができた。このまま大丈夫に決まってる、と思い始めていた僕だった。

その時はちょうど期末試験の真っ最中で、僕は慣れない勉強をしていた。実際はしているフリをしながら机に向かっていただけだったのだが、そんな時に電話は鳴った。祖父の逝去を知らせる電話だった。

僕は泣いた。声をあげて布団に突っ伏し、その悲しさをその胸から吐き出さんとばかりに叫んだ。大好きな祖父、その祖父がいなくなっただなんて、僕に受け入れられる訳はなかった。思い出は僕の体を駆け巡り荒れ狂い、耐え難い痛みを胸に刻んだ。

やがて祖父の笑い声と笑顔が僕の心を満たし始め、辛かった闘病生活から祖父がようやく解放された事に気付いた。もう、大変な思いはしなくていい。泣き疲れた僕は安堵しつつ、いつしか眠りに就いていた。

最後に祖父と会ったのは、葬儀の時だった。泣かずに見送ろうと決心していた僕は、祖父の口を脱脂綿で拭いたりお別れの言葉を言ったりする時も、涙を流す事なく過ごしていた。ぎりぎりのところで何とか耐えていた。

しかし、最後に棺へ花を入れて行く時に限界を超えてしまった。最初は小さく震え始め、やがて嗚咽となって体を震わせてゆく。一度切れてしまった糸はもうつながらず、僕は為す術も無く泣き続けた。おじいちゃん・・・。

やがて祖父は灰となり、お墓へと入っていった。形見として僕は、テンガロンハットと革ジャンをもらい祖父のしゃしんをパネルにして部屋に飾った。いつでも祖父を感じられるように。

その後も度々祖父の墓へ足を運んでは、大好きだったビールをかけて色々な報告をした。20歳を過ぎてからは足を運べなくなり、目の前の人生を生きる事に精一杯だったが、それでも僕にとっては祖父はヒーローであり続け、尊敬する人の一人だった。

今、僕は人生の岐路に立っているところだ。今一度、社会人として足を踏み出そうとしている。そんな時にこうして深く祖父の事を思い出したのは、ただの偶然なのだろうか。きっと自分の生きた姿を、指針として孫に思い出させたかったのではなかろうか。

仕事には厳しくメリハリをちゃんとつけて、人生に対してとても真剣だったあなたを、僕はいつでも尊敬しています。あなた譲りのこのたれ目を通してみる世界が、あなたの見ていたものと同じでありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

黄金色の思い出。

「とんてき一丁!」

店員さんの声が響いた。晩ご飯を食べそびれた僕は、もうすぐ12時になろうという時間に松屋でハッシュドビーフをかき込んでいた。たまにこうして寄るものの、いつもいつも来る訳ではない。当然メニューも豚丼やカレーくらいしか知らない。新メニューという事でこの日は違うものを試してみたが、定食にどんなものがあるかは知らなかった。

そんな僕の耳に飛び込んできた、「とんてき」という言葉。何ていう事はない、ただの豚を使ったステーキの事。しかしこの言葉は、まるで魔法のように僕の中にすとんと落ちてきた。

「おじいちゃん・・・」

気付くと僕はつぶやいて、思い出の洪水に飲み込まれていた。まるでドミノ倒しをするかのように、一度甦り始めた思い出は次々と僕の頭にあふれてくる。その思い出の中にいる僕は、まだ小学生の僕。幸せそうに笑っていた。

今は亡き僕の祖父、母方の祖父なのだが、彼ほどの人生を送れる人が果たしてどのくらいいるのだろうか。本人がどう感じていたかは分からないが、見ていてそう感じるくらい充実した人生を送っていたと思う。

彼は長い事電力会社で働き、定年で退職するまで一度も仕事を休まず、遅刻もなかったという。東北地方の電力会社、実際はとてもハードな仕事だったらしい。雪の重みで電線が切れた夜、山の中へも分け入りその修復に向かった祖父。どんな時間の呼び出しにでも、不平一つ漏らさず出向いたその祖父は、人に誇れる立派な人だったと思う。

そして定年退職後、祖父は誰よりも楽しんで遊んでいた。海外に出かけたり仲間と卓球クラブを作って週二日は汗を流し、誰にとってもヒーローだった。テンガロンハットをかぶり革ジャンを着た祖父は誰よりもかっこよかったし、僕は絶対祖父のような人になると思っていた。

岩手に住んでいた祖父にとって、なかなか会えない、千葉に住む娘と孫。たまにしか会えないからこそ余計に大きな愛情を注いでくれていたのだろう。たまに祖父母は二人で車に乗り、祖父の運転で千葉まで遊びに来た。無邪気な子供だった僕は、大好きな祖父にかじりつき片時も離れなかった。「お祖父ちゃんから産まれた」とはこの頃の僕の口癖である。

そんな大好きな祖父だったから、長期休みの度に岩手へ僕は遊びに行った。小学生にして既に一人で新幹線に乗り、ちょっとした冒険をした僕を、彼は誇らしげに駅で出迎えてくれた。

行く度に一週間ほど滞在していたのだが、この時も僕は祖父から離れようとしなかった。従兄弟とも遊んでいたが、朝は祖父と一緒に早起きして朝市に行き、夜はカブトムシを捕りに山へ出かけ、昼は従兄弟や叔父達も一緒に川へ行き、どこへ行くにも一緒だった。夜も布団を並べて横になり、あれこれと思いつくまま話しをしたものだった。

元々根が単純である僕は、好きな人から影響を受けやすい。もしそれが自分の感性にも合うものであれば、いっぺんで虜になってしまう。多感な小学生時代、僕の心を鷲掴みにしたのはチャップリンだった。

祖父の部屋には大きなテレビが置いてあり、それで深夜仲良くチャップリンを観た。衛星放送で流れていた映画の数々を二人で観ながら、時には大笑いし時にはしんみりとし、遅い時間まで夢中になっていた。

僕の好きな映画5本を選ぶとしたら、間違いなく「街の灯」と「キッド」はランクインするだろう。僕が比較的無口な人間になったのも、無声映画がこの時から好きだったという要素が大きく関わっているに違いない。

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ドリンク・・・というタイトルらしい。

今年の梅雨は異常ではないか。ここ2,3日は雨で涼しくなってきているが、それまでが暑いのなんのって。温暖化の影響もあるのかもしれないが。私も地球上に生きているので、他人事ではすまされない。

とはいうものの温暖化を防ぐために何かをしているのかというと疑問が残る。小泉さんが提案しているクールビズ、響きは横文字でかっこいいが私もふくめて、知人に聞いても特にはとの声がまだまだ多い。なかなか目に見えないこともあり、どうしても関心が薄くなってしまうのだろう。それでも今まで培ってきたことを次の世代に残していかなければならないこともあり、最近はクーラーを我慢したりする自分がいる。

だが、今年の梅雨は異常だった。僕は夏バテを乗り切るために栄養ドリンクを愛用することを決めた。いざドラックストアーに足を運んだ。まず目につくのはTVでもお馴染みのリポビタンDだ。毎回危機一髪のところで、ファイトイッパーツの掛け声とともに男優二人のあつい情熱をみることができる。

それからエスカップや新グロモントなど、聞いたことあるぞというものがならぶ。値段もCMをたくさんやっているメーカーは高く、こんなメーカーみたことないものは安い。とにかくたくさんのメーカーが参入しているようだ。ところで話に聞くと日本では当たり前だが、世界からみるとドリンクとして飲むのはめずらしいらしい。

僕は財布と相談しながらエスカップと新グロモントを購入し、愛用している。ドリンクを愛用して多少体力的によくなってきているのかなと思う今日この頃。

***ヨシオ日記終了***

前フリを何も書かず、いきなり載せてみたがどうだったろうか。ブログに載せてください、と送られてきた。おやおかしい、どうやら彼は本気でこのブログを共有スペースにしてしまうらしい。確かこんな時にぴったりの言葉があったような・・・。

思い出した!
「庇を貸して母屋を取られる」

この勢いで乗っ取られぬよう気をつけなければ・・・。ユーモアもなにも織り交ぜず、ただつらつらと書かれただけの日記に負ける訳にはいかんのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

Gによる快楽。

ちょっと今日はとあるバンドについて簡単に紹介している為、興味ない人は読み飛ばして欲しい。ただどうしても書かずにはいられなかったのだ。

恒例の独りカラオケに行ってきた訳なのだが、今日はチャレンジデーとして今まであまり歌った事の無い、それでもとても好きな歌達を歌ってみた。そこで歌いながら、段々とストレスがたまってきた自分に気付いた。

上手く歌えないのは最初から分かっていたのだが、歌える歌えないの技術的な問題以前にその原因があったのだ。

GOTTHARDが何故入ってない?!

このバンドほど日本で過小評価されているバンドはないのではと思うくらいに扱いが良くない。こんなに日本人好みの音楽をやっているバンドもなかなかないだろうに。

最近彼らのライブDVDを手に入れて、もうおはようからおやすみまで暮らしを見つめられているのだが、とにかく「いい!」のだ。この楽しげな音楽を聴いて、じっとしていられる人が信じられない。
http://www.youtube.com/watch?v=zTketbEB1CU&search=GOTTHARD

しかし彼らの持ち味は、この美しいメロディーラインを活かしたバラードだろう。彼らが日本でやった、とあるライブのレポートでこう書いてあった。「生でこの歌を聴ける喜びを噛みしめていた」と。聴いて、そして感じて欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=e9Bdoj5Wr5c&search=GOTTHARD

そんなこんなで今日は突然コマーシャル色が強くなってしまったが、それも彼らの知名度がもっと日本でも上がり、来日して欲しい一心からなのである。海外までライブに行くには金かかるしなぁ。やっぱりヨーロッパに移住するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

いつもどうりではなく、いつもどおり。

世の中には、一体何を考えて生きているのだろうと思うような人が多い。ヨシオも明らかにその一人である。しかもそう言うのは僕だけではない。

彼は精神異常、なんていう話ではなく、思考回路がとんでもなくおかしいのだ。いくつかをここで書いてきたので、少しは分かってくれる人もいるかもしれない。

こんな前フリをした事でもうお気付きの事だろう、今回もヨシオの事なのだ。まったくもってネタになるというか、むしろネタにしてくれと言って飛び込んできてしまった。さぁ、今回もお待ちかねヨシオ日記の始まり始まり。

***ヨシオメール 原文まま***

久々にブックオフに行きました。店はいつもどうりに迎え入れてくれた。僕は漫画雑誌を手に取り読み始める。

読み始めていくとはまりだし、次第に次の刊に手が伸びる。先程まで顔を出していた太陽も気が付けば姿をかくし、車のヘッドライトに明かりがつく。

次にCDコーナーにいく。ふと初回限定版を探す自分に苦笑してしまう。それから程なくして僕は店をあとにした。

車から流れる音楽を聞きながらものふかげに考える。確かに充実していたのに何か物足りない。その答えは僕の両脇がしっていた。

はまりそうになるのを必死にそらそうとする彼。掘り出し物とそこに生きがいがあるかのような彼。今はその彼らがいないのだ。僕はいつのまにか今までの光景を少しづつ思い出していた。

忘れていたはずなのに。この街を歩くたびに後ろ姿を探してしまうのだろう。あの日の僕達が映し出されている思い出を。今は一人かもしれないけど確かに今までは一人ではなかった。なくなったものは帰ってこないけどまた明日も歩き続ける。だって僕は強いんだもの。

繰り返しながら隣には彼がいた。

***ヨシオメール 終わり***

えぇと、どこから突っ込めばいいのだろう?最初からしておかしい。行きました。迎え入れてくれた。統一してくれ。

という文章の添削前に、いきなりこれだけで文章を送ってこられても、どうしたら良いのかさっぱり分からんて。日記を送ります、という一言すら無し。一体どういう神経をしているのだろう。。。

とりあえず彼に「乗せて欲しいの?」と聞いてみた。返事は、「どんどん書きますので、よろしくお願いします」との事。彼はこのブログを、公共の情報公開スペースとでも勘違いしているらしい。どんどん送るって、いらんわ!!

でも人の良い僕は、結局送られれば載せてしまうのだろう。One Wild Night featuring Y.Yとして、このブログが乗っ取られる日も遠くないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

実は私、Nマニアなんですよ。

僕はあまり記憶力が良くない。普段の生活において。洗面所まで行き、何をしようとしていたか忘れるなんてザラにあるし、忘れちゃいけない大切なものを忘れてエライ目に遭った事も度々。

一言で表せば、物忘れが激しいとなるのだろう。記憶力がない、と。しかしこんな僕でも、何故か人より記憶力が良い場面もあるのだ。

例えば何か人が欲しがっていた物。一緒に店等を見て歩き、欲しがっている物なんかは結構覚えている。そんな何かをプレゼントして驚かれる事もよくある話だ。これは良い、役に立つ。

しかし役に立たない分野だとかなりこれは微妙になってくる。例えば漫画やドラマのワンシーン。

僕は稲中やツルモク独身寮、こち亀やドラえもん、こいつら100%伝説などの漫画が好きだ。ただその好きな部分がマニアックらしく、しかもやけに細かく覚えているせいでおかしな目で見られる事が多い。

ドラえもんではジーンマイクが好きで(好きな割にはスペルを忘れたが)、その話は結構細かく説明できる。不倫という単語を聞けばツルモクの不倫風鈴が浮かぶし、もぐらを見れば(あまり見る機会はないが)はんぺんちょー好き、なんて浮かんでくる。クリスマスと言えばサンタ狩り、いいなぁと誰かが言えば、「ねぇ〜ん、これちょうだい〜ん」と言わずにいられない。

これはなかなか楽しかったりもするのだが、やはり理解できる人がいなければ寂しい。稲中なら姉や姉の親友Aさんや大阪の友人Tちゃんと、こち亀やツルモクならhiRoという友人と、というように話せる相手がいる時はいい。困るのはフレンズのネタ、そしてトリックのネタだ。

この二つのドラマもこよなく愛する僕は、よくその二つをネタにする。そして理解してもらえずに説明する羽目になる。ギャグを説明する時ほど惨めな時はないというのに。

だらだら書いて何が言いたいのかというと、僕の友達はみんなフレンズとトリックを観ろ、と。そして理解しろ、と。

今日電車で、異様に声もルックスもエステルにそっくりな人がいた。フレンズに出てくる、ジョーイのエージェントのエステルに。スゲー!と一人興奮し、誰かに伝えようとしたその時、これで興奮できる人がいない事に気付いた。ホントに似てたのに!

ラストシーズンのあの話で、エステルがああなってフィービーが・・・。

あぁ、無限ループ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月10日 (月)

ヨシオ、アゲイン。

最近更新頻度が落ちている。研修も終盤に差し掛かり、面接だなんだと色々忙しいのが原因なのだが、どのくらい忙しいかというと毎週恒例の火曜独りカラオケにも行けてないほどなのだ。これではいかん、更新もできない。なんとかしないと読者離れが!コメント数はあまりないものの(自分が友達のブログにもあまりコメントを残さないせいもあり)、なかなか多くの人に見てもらっているこのブログの火を消してはいけない!

そんな僕に、またしてもヨシオがちょっとした小ネタを提供してくれた。前回彼の事を書いた時、あんな内容でも嬉しかったらしい。そのお礼にと、これまた何を考えたのか、彼が書いた日記を送ってくれた。そっくりそのまま載せてしまえ。

***ヨシオのメール***

タイトル:無し

今回小学生のお子さんをもつご主人と話をする機会がありました。世間話からはながさき、子供の流行っていることに話が進みました。デパートやスーパーなどで小さなゲーセンがあり、休みの日となれば男女とわず子供たちの輪ができるそうです。何に夢中になっているのかと尋ねるとカードゲームでもりあがっているとのことです。

自分もカードと聞いてムシキングが流行っていることを知っていましたので、言ってみました。そうしたところ確かに人気があるとのことでしたが、最近はドラゴンボールやゾイド、ナルトなども人気があるとのことでした。ドラゴンボールやゾイドは私も小学生のころ憧れ、私はゾイドを買ってもらえなかったのですが、友達の家でよく遊んだものです。

懐かしさを思い出しながらさらに話は進みました。自宅では定番となっているのでしょうTVゲームで遊んでいるとのことでした。ただ驚いたのは、子供部屋にはTVはないとのことでした。ご主人が言うにはTVぐらい自分で買ってもらうんだよ、とのことでした。私も自分で買って使っていたのでその感覚がでたのでしょう。

そういえば小学生の頃、ゲームをやるにしてもTVが親の所にあり、親父は巨人好きでなかなかゲームができなかったです。その頃他の友達はビデオ画面しかみれない、いわゆる壊れかけのラジオじゃなくてTVを使っている子が多かったなーと思います。そういう私も同じでその当時はとてもうれしかった記憶があります。全部がそうではないのでしょうが、経済的に余裕がなかったのか、まだ子供部屋にTVを置くのは早いとの親の考えなのでしょう。ただ今回思ったことはいつの時代でも子供環境は大きくかわらないのかなとふと思いました。

前回、Jonさんの日記に友情出演をさせてもらいまして、そのお礼に何をしたらよいかずーと考えていました。そのなかで私も日記を書いて送ることを思いつき、今回お礼をかねて送らさせてもらいます。今後もよい作品ができしだい送りたいと思いますので楽しみにしてください。将来的にはHさんにも送りまして、作詞のきっかけになればと考えています。

***ヨシオのメール終わり***

淡々と、ただ淡々と書かれた日記。何の前フリもなく長々と書かれた日記を読み進むうちに、何故これがいきなり僕の元へ送られてきたのかと疑問ばかりが大きくなり、その謎を解こうとしているうちにミステリーを読んでいる気になってきた。まさにこれはホワイダニットのパターンで書かれたミステリーではないか!

あれこれと想像していたが、結果を言えば僕は負けた。ヨシオは僕の予想を超えていた。まさかこの文章がお礼のつもりだったなんて、誰が考えつくだろうか?しかも彼はこの日記を、音楽活動をしている僕らの共通の友人であるHさんに送り、作詞のきっかけにしてもらおうと企んでいるらしい。

いきなり送られたら困るって。やめとけ、ヨシオ。

そんな彼とは12日、三件茶屋で行われるHさんのライブで会うかもしれない。久々に音楽へと触れる機会、今から楽しみなのである。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »