« 第二回、独りカラオケ。 | トップページ | そして僕はケツを触られる。 »

2006年5月13日 (土)

おいちゃんと僕。

今朝の話である。僕は研修に向かっていた。実は遅れそうで急いでいたのだが、渋谷駅目の前にある歩道橋の下で、おいちゃんがビッグイシューを売っていた。

ゴールデンウィークのおかげで、暦は既に9日となっている。毎月1日と15日発刊のこの雑誌、毎回僕は買っているのだ。アメリカに行っていた3ヶ月、読む事はできなかったがそれもバックナンバーで少しずつ集めている。

この雑誌、僕がイギリスでボランティアをしていた時に向こうで良く見かけたものだった。地下鉄の入り口で、街中で。彼らは色々なところにいて、「The Big Issue!!」と大声を張り上げていた。

最初は何をしているのかわからなかったが、ある時ボランティア仲間が教えてくれた。ホームレスを支援する為のプロジェクトなのだ、と。1冊60ペンスで彼らは仕入れ、£1.40で売る。差額が彼らの収入だ。

ホームレスの施設で働いていた僕にとっても、決して無関係な内容ではないこの雑誌。自分の施設にいる人がベンダーとなれる可能性もあるかもしれない。それをきっかけに、社会復帰を目指していけるかもしれない。多くのホームレス達が国のお金で飲み暮らしている中、改善できるチャンスとなるかもしれない。

何かを始める時は、身の回りの事から始めるのが良いと思う。それが長続きする事だと思うから。僕はThe Big Issueを買い始めた。しかし、この時は既に遅かった。僕はそれから間もなく帰国したのだ。

帰国してしばらく経った時に、こんなニュースが僕の元へ届いた。

「The Big Issue、日本でも発刊へ」

これを目にした時から、僕の心は決まった。毎回一冊ずつ、小さな事ではあるけど買っていこうと。月に400円の自己満足ではあるが、やらないよりも遥かに良い。頭に僕が向こうで出会った人々の顔が浮かんだ。

こうして僕のビッグイシューライフがスタートしたのだが、そんな中でも印象的な出来事が今日あったのだ。

おいちゃんに、「最新号下さいな」と声をかけると、いくつかバックナンバーと一緒に持っていた最新号を手渡してくれた。ありがとう、とお礼を言って、1000円札を渡す。そしてお釣りをくれた時、おいちゃんが「これもおまけ。持っていってよ」と渡してくれたのは、2冊のバックナンバー。

彼らはこれを売って生計を立てている。1冊につき110円の収入がある。ああして屋外で立ちっぱなしで、やっとの思いで売る雑誌。価値の重さはいかほどだろう。そんな事はみじんも見せず、ニコニコと手渡してくれたおいちゃん、ありがとう。

遅刻ぎりぎりでお礼しか言えなかった僕は、研修中も何かできるかと考えていた。そして昼休み、僕は密かに考えていた。彼がまだあそこにいたら、コーヒーとパン、もしくはお弁当でも差し入れようかと。

息せき切って走った僕の、その目に映ったのは無人の階段脇。おいちゃんはもうそこにいなかった。ちょっぴりがっかりしたけれど、すぐ気を取り直した。彼はいつでも売っている。次の機会に、気持ちを少しずつ返していけば良い。

これから、研修に向かう僕の鞄には、いつでも手つかずの飲み物が入っている事だろう。会えれば渡す、そこから始めていこう。気持ちには気持ちで返していけば、いつかどこかでつながるはずだから。

|

« 第二回、独りカラオケ。 | トップページ | そして僕はケツを触られる。 »

コメント

誤って鞄に長期間収納されてた
賞味期限の切れた飲み物を渡さんようにね。
喧嘩になる。
「支援」ってのは、動機よりも行動が大切だよね。
俺は寄付とか好きだけど、
尊い気持ちで、っていうよりも
「あぁ、俺っていい人」って思いたいから
するんだもの。
優しくなくても、優しい事は出来る。
何も行動しないのに、
「お前のは偽善だ!」とかいうだけの人は嫌い。
自分が偽善者だなんて、とっくに分かってるのよ(笑)。
偽善だろうが何だろうが、
出来る範囲で、ちっちゃな事でも
行動できたら素敵ダナー。

投稿: hiRo | 2006年5月20日 (土) 00時55分

行動を起こせずに後悔する事ってあるけど、行動せずにいて行動した人を批判するのって心が貧しいよなぁ。違うやり方があるというなら、それをやってから批判すればいいのに。そうして話し合った中から良いアイディアが、なんて夢物語か?

何かの行動を、後から「実はこういった気持ちだったから」とか言ってわざわざ卑下する人も最近多いよね。やった事が誰かの役に立ったのなら、それでいいじゃないと思ってしまうよ。宮部みゆきの模倣犯にもそんなセリフがあったな。恥じる必要がない行動に、言い訳はいらんよね。

投稿: Jon | 2006年5月20日 (土) 03時29分

>行動を、後から~卑下する人
あぁ、俺、割とそうかもしれない。。。
何かね、悲しい事に、褒められ慣れていないからさ、
何気にやった行為を人から褒められてしまうと
何かソワソワしてしまって、申し訳ない気持ちに
なってしまうんだよ。
「ひぃっ、そんな私イイ人じゃありませんから!
ゴメンナサイ、ゴメンナサイ!」みたいな。

面倒臭い性格ナンダ(笑)。

ちなみに付き合いの浅いレディと終電無くして
止むを得ずホテルに行った場合、
勿論手は出さないとして、
「どうして何もしなかったの?」と
聞かれた場合(ものすごい特定のシチュエーションだが)、
「ハンパな事はしたくないからさ」とか
「常に誠実でありたいからさ」みたいな事を
言うのではなく
「誠実な男だと思わせる作戦ダヨ!実際は
何度か理性ぶち切れそうになったよ(笑)」
みたいにあえて卑下(?)すると
むしろ好感度アップ(当社比)

投稿: hiRo | 2006年5月25日 (木) 01時31分

卑下して好感度アップ、君も策士だな(笑)
俺にはできんなぁ。むしろ気障なことを言って真剣な目で見つめてしまいそうだ。御社比と当社比で、どのような結果になるのか試してみよか?

とはいってもお互い試す機会がなさそうか。。。

投稿: Jon | 2006年5月30日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/1778768

この記事へのトラックバック一覧です: おいちゃんと僕。:

« 第二回、独りカラオケ。 | トップページ | そして僕はケツを触られる。 »