« ラテンの血が騒ぐ。 | トップページ | 友達はいいもんだ。 »

2006年4月19日 (水)

Tの悲劇。

ウォシュレットこそ、天使で悪魔だ。

僕はその事を、今日ハッキリと知ってしまった。一般的には、痔主さんとかに優しく、ハイテクで害が無いと思われがちだろう。

しかし、奴はその温和な顔の下にとんでもない武器を隠しているのだ。騙されてはいけない。

先日の話である。僕はとあるデパートの、トイレの個室で用を足していた。前日に食べた辛い物の影響で、痛いというか熱いというか、そんな状況だったのだ。
無事に出産を終え、洗い流そうとしたその瞬間、僕のデリケートな部分が火を噴いた。高めの温度の温水が直撃したのである。

「んぬぉっっっ!!!」

思わず大声で叫んでしまった。トイレの中にはまだ人が何人もいたというのに。。。穴があったら入りたかったけど、トイレの穴じゃなぁ・・・。

痛いほどの視線を浴びながらトイレを後にした僕は、誰よりもかっこ悪かった。

|

« ラテンの血が騒ぐ。 | トップページ | 友達はいいもんだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/1464381

この記事へのトラックバック一覧です: Tの悲劇。:

« ラテンの血が騒ぐ。 | トップページ | 友達はいいもんだ。 »