« 嬉しいとき。 | トップページ | 褒められて。 »

2006年3月14日 (火)

薔薇と美女。

電車というのは面白い空間だと思う。色々な人が一つの空間に集まって、思い思いの事をしているのだ。ある人は化粧をし、ある人は隣の人に頭をあずけて眠りこけ、ある人は携帯の通話に夢中になり、ある人は床へ座り込む。電車内でのモラルの低下が叫ばれる今、みんな僕を見習って欲しい。

お年寄りには席を譲ろう(寝ていなければ)。社内で通話をしない(仕事に遅刻する連絡以外は)。寝る時は頭をきちんと真っすぐに(高校時代授業で練習したように)。疲れてもきちんと立つ(スーツの尻が汚れるし)。化粧は・・・もともとしていない。立派なものだ。

そんな品行方正な僕が、電車内でする事といったらただ一つ、読書しかない。いかにも高尚な趣味で恐縮なのだが、多い時は1週間に5冊くらいのペースで読んでいたおかげで、部屋の本棚はいっぱいになっている。

通勤時間は大体1時間くらい、文庫本をポケットにしのばせて車中で読むにはぴったりなのだ。読む本は大体ミステリーであり、アガサ・クリスティーやローレンス・ブロック辺りから、日本人では貫井徳郎や高野和明なども読んでいる。ミステリ以外だと、どうしても感情移入してしまった時や泣きそうになった時に周りの目が気になるだけに読む事ができない。

そんな本がほとんど体の一部と化している僕が、この前本を忘れてしまった。とても致命的なミスである。この往復2時間半をどう過ごせというのか?こんな時は人間観察をして過ごすしかないだろう。

しかし、今日に限って僕の注意を引くような人がいない。仕方なしに目を閉じて、妄想の世界に行こうかと思ったその時、きれいなお姉さんが電車に乗り込んできた。彼女は僕の前に立つと、鞄からカバーのかかった本を取り出して読み始めたのだ。

見た目は20代後半キャリアウーマンと言った雰囲気で、大人の女性という言葉がぴったりな人だった。きっとビジネス書とか読んでるんだろうなと思ったのだが、何となく本へと目をやった途端に驚いた。そう、間違いなく全米が震撼した。

官能小説だったのだ。どうしてわかったかって?だって、そのページの頭にいきなり「はぁっ、あぁん」というようなセリフ(?)があったんだもの。しかも詳しくはかけないけど、その隣の行には「アルフレッドの巧みな指使いに・・・」なんて書いてあるんだもの。

多分勘違い激しい男なら、「この女、俺を誘ってやがる」と思うところなんだろうが、ここにいるのは僕なのだ。まずあり得ない。きっと彼女は一人で混み合った電車の中、官能小説を読む事が何よりも楽しみなのだろう。きっと三度の飯よりも。

仕事でたまったストレスは、きっと相当なものに違いない。できる人が故の責任の重さ、忙しさ。周りからも「岡崎主任て、サイボーグみたいよね」とか「君ぃ、もっと愛想が無いと出世できんよ」とか色々言われているに違いない。「アイアンメイデン」とか言われているに違いない。

そんな彼女が自らに与えた、一人の女に戻る瞬間。こうして周りに見られるかもわからない状況の中、官能的な事を考えてはその背徳感を楽しむ。17分、電車に乗っている間だけの「女」に戻る瞬間。こうして現実世界との折り合いをつけているのだろう。

きっと家に帰っても暗い部屋、留守番電話のメッセージを知らせる赤い点滅。内容は仕事のものばかり、私の人生ってなんなんだろう。そう考えながら化粧を落とし、服を脱ぎ捨てベッドに潜り込む。感傷に浸る間もなくやってくる、無粋な朝に備えて。

なんて事を考えていた僕に、二度目の衝撃が。
「そしてアルフレッドは春樹の目を見つめ」

・・・春樹?あの声は、春樹??なんてこった、まさか官能小説ではあっても男色ものとは思いもしなかった。。。だって、こんなきれいなお姉さんが、電車内でゲイ小説て。

今日も電車はミステリー。

|

« 嬉しいとき。 | トップページ | 褒められて。 »

コメント

最近電車で寝られなくなった。
眠ろうと思っても眠れないのだ。
本当、うっかり本持たずに
電車乗ってしまったら最悪。
往復3時間の電車は読書タイムね。
以前隣に座った人が全く同じ本を
読んでいて何か必要以上にキョドった。
俺は文庫カバーしてたんだけど、
もししてなかったらと思うと…。
勿論官能不純小説でなないよ。
そのオネイサンが読んでいた本な、
春樹(♂)じゃなくて真樹(♀)だったんだよ、
きっと。漢字似てるじゃん?
…だったとしても電車でポルノ小説なんて
嫌だな。
是非声を掛けて真相を解明して欲しかったよ。

投稿: hiRo | 2006年3月24日 (金) 00時33分

そうか、眠ろうと思っても眠れないか。その分家で寝過ぎとかではあるまいな?

そんな話は脇に置いといて、きっとプレッシャーから心を安らぐ状態まで持ってけないんだろうなぁ。少しは本で癒されてくれればいいのだが。忘れちゃいかんよ、指差し確認をするのだ。

おねーさんが読んでいた本な、後ろから見た俺だから断言できるんよ。書けなかったけどもっと露骨な描写もあったし、挿絵の裏側のページから透けて見えたその絵は、胸がぺったんこ。顔は男。くんずほぐれつ。おぇ。。。

投稿: Jon | 2006年3月24日 (金) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/1028107

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇と美女。:

« 嬉しいとき。 | トップページ | 褒められて。 »