« 薔薇と美女。 | トップページ | ぐるめ。 »

2006年3月21日 (火)

褒められて。

ここのとこしばらく更新が滞ってしまったなぁ。ちょっと忙しい日々でメールもできず、文章の書き方をちょっと忘れてしまった。。。リハビリという訳ではないが、まずは書き方を思い出す為今日はちょっとばかりいつものタッチとは変えて書こうと思う。あまり面白くも何ともない内容で申し訳ないのだが、今日はちょっとそんなひとりよがり自慢しちゃうぜ日記を載せたいと思う。

日曜日の事。僕は某カメラ量販店の錦糸町店で働いていた。初めて入ったその店で、他のメンバーがどのメーカーで入っているのかも分からない。でも僕はO社のカメラを売らなければならない。ひっくり返さないよういかに自社にもっていくか、腕の見せ所というところだ。

しかし狭い売り場はどこに行っても人の目があり耳があり、思うように話せないというジレンマが。すぐ近くで聞いていると分かる時ほどやりにくい。思い通りの機種を売る事が全くできず、結局失意のまま上がろうかかとしたその時の事。

恐らくこの日最後の一台であろうカメラを売った後、レジでそこの社員さんが声をかけてきた。「どんな風にご案内してるの?」と。

「いや、普通にニーズを聞いてそのニーズに合わせて機能を紹介して、その一番合う機種をご紹介しているだけです。」どうしよう、今日あまり売れなかった事を咎められるのだろうか。やり方に何か問題あったのだろうか。僕の心臓は早鐘のようになっていた。

「いや、買ったお客さんがみんな満足そうに帰っていくからさ。良い接客してるんだね。」

さぁ、もう一度。

「買ったお客さんがみんな満足そうに帰っていくからさ。良い接客してるんだね。」

いやぁ、参ったねコリャ!そんな、僕が以前1年半やっていたからって、その後ブランク1年あるのに上手いだなんて。僕が某所で癒し系と呼ばれているからって!そんな、ちょっと礼儀正しく丁寧に人と接しているからって!!

褒められるのって、気持ち良い*売れなかった事などすっかり忘れて、気持ち良く家路についた。







しかしその後電話でたっぷり絞られてしまった。。。やっぱ、売らなきゃダメだよね!

|

« 薔薇と美女。 | トップページ | ぐるめ。 »

コメント

売りたい商品と売らなければならない商品が
違うっていうシチュエーションは辛いよね。
本音はこの商品の方がこのお客様には
いいんだけど、でもこっちを売らなくては…
みたいな、ね。
君は最終的には誠実なので、きっと突き詰めて
いくと素敵な販売員になれるけど、
数字を上げられる販売員にはなれないね。
前者はお客様に誠実、
後者は店舗(会社)に忠誠。
どっちも大切だから難しいよね。
どっちにしろ、
お客様が最終的に笑顔で帰ってゆくのは
君の人柄だから、とても素敵な事だと
思いました。

投稿: hiRo | 2006年3月24日 (金) 00時21分

この辺りの正確が、営業には不向きなんだと思うんだな。だって、押せ押せ営業できんもん。そうせざるを得ないとこ、もしくは自分が売るものを本当に良いと思えない時は全く進められない俺は営業力ゼロなんだろな。ま、俺に関わった人が幸せになってくれればそれで良いのだ。ありがとよ*

投稿: Jon | 2006年3月24日 (金) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/1108869

この記事へのトラックバック一覧です: 褒められて。:

« 薔薇と美女。 | トップページ | ぐるめ。 »