« 光と影の、その向こう。 | トップページ | さらば友よ、また逢う日まで。 »

2006年2月 4日 (土)

ベリーズ入国注意事項。

旅行記の内容だけではちょっと分かりづらいところもあるかもしれないので、情報をここでもう一度簡単にまとめて書いておこう。

・日本人が入国する時は、誰であってもアメリカのビザを持っていても、写真と50米ドルがビザを手に入れる為に必要。1日以内のトランジットであっても同様。

・手続きは朝8時からしかやらないようなので、イミグレでそれ以上に早く着くと待たされる事になる。

・ビザは別室で個別に話をして、写真と50米ドルと引き換えにスタンプを捺してもらえるが、その後部屋から出たら、もう一度列に並ぶかそのまま直接入国審査官に声をかけて入国スタンプを捺してもらう。怪訝な顔をする事もあるらしいが、入国のスタンプがまだ、とパスポートを見せて伝え、スタンプと入国カードの半券(?)をもらうのを忘れない事。

・出国の時には、単なるトランジットだけの人は15米ドル、ステイする人は更にそこからプラスで必要となるので、必ず現金でその分は用意しておく事。もし現金が無ければ、そこからかなり離れたATMまで行く羽目になる。

日本人が陸路でベリーズに入ろうとすると、最低でも65ドルはかかるのでルートや目的を考えてみるといいかもしれない。この国に行きたい!という思いが無いのであれば、グアテマラからパレンケにもう一度戻るのも手だと思う。

毛嫌いしているからとかでなく、情報が無い為に嫌な目に遭う日本人が少なくなってくれればと思いこの文章を書いているのだ。僕の感情は抜きにしても、情報は情報として役に立てば幸いである。

|

« 光と影の、その向こう。 | トップページ | さらば友よ、また逢う日まで。 »

コメント

Jon、ありがとう。このブログを見ている人でベリーズに行こうと思っていた人にはとても役立つ情報だよ。でも一番いいのは日本であらかじめビザを取ってから来ることだね。きみの場合、行き当たりばったりの旅行で、しかも通過するだけ、ってのが全身から見え見えで、足元をみられた感があります。腹立たしいのはわかるけど、そういう人々の国なんだ、と公表することによって、きみの復讐は果たせたのではないかと思います。もし、もう一度、ベリーズに行こうという気になったら、その時はワタクシがお供しますね♪

投稿: モンダイナイ | 2006年2月 5日 (日) 00時32分

コメントありがとうございました。ついつい感情的になって書き過ぎてしまったかな、とも思います。その時の気持ちをそのまま書いてあるのでそのままにしておきますが、やっぱりまだまだ大人になれてないですね(笑)成長していくところを、暖かく見守ってやって下さい*

投稿: Jon | 2006年2月 6日 (月) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/605676

この記事へのトラックバック一覧です: ベリーズ入国注意事項。:

« 光と影の、その向こう。 | トップページ | さらば友よ、また逢う日まで。 »