« 生きるという事。 | トップページ | 若さゆえ。 »

2006年2月11日 (土)

聖者の日の悲劇。

もうすぐ、僕の誕生日がやってくる。27歳になってしまうのだ。ありきたりな感想ではあるが、子供の頃考えていた27歳とは全然違う。あの頃は27歳と言えばもう相当な大人で、子供が2人くらいいてもおかしくない、僕ならば実際もういるだろうと思っていた。

しかしこの姿を見よ!全くの子供のまま、ここまで歳をとってきてしまった。既に2児の親となり、立派な家庭を築いている友人もいるというのに、この僕は。研修中とはいえまだ仕事も始まっていない、ケツの青いガキである。

そんなこんなで彼女もいない、このムサイ27歳はついに2月14日をもって27歳になる。その記念すべき(?)誕生日に、自分でもいつか忘れていたお陰でバイトの初仕事日となってしまったのは、もう悲劇としか言い様が無い。

悲劇といえば、今までの誕生日に良い思い出は多くない。日本という国では、何故かイベントの日はカップルでないと相当肩身が狭い。非モテの僕にとっては、年中肩身が狭い国、それが日本なのである。

小学校・中学校・高校と、その日はどんなに学校へ行くのが憂鬱だった事か。浮かれポンチな奴らは、大抵僕の誕生日など忘れているし、その日に祝ってくれる友達だってあまりいない。そりゃそうだ、彼女と過ごしたいだろう。

そんな中でもトップクラスの悲劇は、高校1年の誕生日だろう。僕はいつも通り学校へ行き、机に教科書などを入れようとしたその時である。四角く固い何かが底にある事に気付いた。まさか、いやもしかして・・・?

思春期の男の子、そりゃそんな物が入っていたらもう気が気じゃない。期待だってしてしまうし、授業どころじゃあないだろう。

まだ見ぬ君「実は、ずっとJon君を見てたんです」
僕    「そっか、実は僕もなんだよ」
まだ見ぬ君「えっ、ホントに?!」
僕    「決まってるじゃないか、おばかさん」
まだ見ぬ君「うふふ」
僕    「あはは」

なんてべたべたな事を想像していた僕。そしてはやる心を抑えて、休み時間まで待った僕。期待に胸を躍らせて包みを開けたその僕の目に、驚くべき光景が飛び込んできたのだ。

「薔薇族」

あまりにも有名なゲイ雑誌。なぜ、なぜこんなものが?!念の為に言っておくと、僕は相当の女好きだ。言い方が悪いが、ゲイだと勘違いされるよりはマシだろう。

とにかく、あまりにも期待していた物と現実のギャップが大きすぎた。ある人の表現を借りれば、間違いなく全米が震撼した。呆然としている間に、僕が持っている物に気付かれなかったのは不幸中の幸いだろう。クラスにいた、ハードゲイに狙われていたに決まってる。。。

チョコかと思い天国にいた僕を、容赦なく地獄へと突き落とした薔薇族。これ以上の悲劇は無いだろう。むしろこれを越える悲劇などあって欲しくない。どうか良い思い出がありますように。

しかし今年の誕生日は、バレンタインデーという事で浮かれ来るカップル達を尻目に働く、全く持ってシングルのしかも誕生日の僕が働く。この失意の僕を癒すのは、甘いお菓子なんかが良さそうだ。僕は大の甘党なのである。もう一度、大の甘党なのである。

ちなみに僕が好きな色は、黒系の色。やっぱりシックじゃないとね!慰め・癒し、大募集中というご案内でした*

あ、ちなみにバイト後は空いてます。空いてます。空いて・・・。

|

« 生きるという事。 | トップページ | 若さゆえ。 »

コメント

バレンタインが誕生日~~!!そりゃー忘れられるね!!
でも、男色の人から惚れられるなんてすごいことよ!!って、そういえばヘイスティングスでも、イヴォンがJonのこと気に入ってたよね。
で、私が言いたいのは、ゲイの人は見る目あるのよ!心を見るから!!(え、違う??)だから、自信を持って!!(実は、私もレズの人から気に入られて、レズバーで働かないか?といわれた経験あり!!でも、男の子にはもてなかった私・・・。ま、今はTがいるからいいのよ!!・・・だよね??)

投稿: シポロ。 | 2006年2月12日 (日) 00時15分

えぇとね、イヴォンはただ気に入ってただけでは住んでくれなくて、今晩どう?っても誘われたんだな。。。逃げたけど。その後もゲイの人に関するストーリーはいくらでもあるから、今度まとめてそれを書くよ。

でもゲイの人がいくら見る目あると言っても、やっぱり女の人から好かれたい!俺には誰もいないし・・・。くぅー、羨ましいぞカップル!幸せでいいじゃないか*

投稿: Jon | 2006年2月12日 (日) 00時23分

笑わせてもらいました!
バレンタインに薔薇族なんて
酷すぎますね(笑)。
バレンタインって元々は
本を贈る習慣だったと
聞いています。
本式のバレンタインを
経験出来たのですね。
素敵な誕生日でしたね☆
これからも
めげずに頑張って下さい。

投稿: ↑hiRo↓ | 2006年2月12日 (日) 20時20分

あぁ、どうせ悲惨な誕生日しかないだろうし、めげずに頑張ってみせるさ。(笑)とか☆とか白々しいって!くそぅ、強く生きてやる。

投稿: Jon | 2006年2月14日 (火) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/672642

この記事へのトラックバック一覧です: 聖者の日の悲劇。:

« 生きるという事。 | トップページ | 若さゆえ。 »