« ご旅行は計画的に。 | トップページ | 僕の人生Rolling Stone。 »

2006年1月16日 (月)

メキシコで僕も考えた。

ひとまずメキシコシティーから脱出すべくバスターミナルに到着した僕らは、食べ物を求める胃袋をなだめつつバスのチケット売り場へと急ぐ。途中屋台村のようなところがあったりして、いい匂いが殊更辛い。。。

何とか誘惑を振り切ってチケット売り場へ到着、早速カウンターへ行って聞いてみた。交渉役は、少しスペイン語を話せるStichである。

僕らが目的地に,とピックアップしていたのはパレンケ。飛行機の中で決めたルートは、まずパレンケへ行き遺跡を訪ね、そしてバスでグアテマラへというもの。クリスマスシーズン、期待や疲れ、安堵など様々な表情を顔に張り付けた人が溢れ返るチケットセンター、ようやく窓口にたどり着いた僕らにその夜チケットはもう残されていなかった。明日の朝早くはと訪ねるが、答えは同じ。

このままでは夜の9時から宿探しを、このデンジャラスなメキシコシティーでする羽目になってしまう。ひとまず作戦会議。とりあえず別の会社も調べてみて、もしそこでも無いようであれば、パレンケ近くの街ビジャエルモッサ行きのバスを聞こうという事にして、パレンケ行きのバスを扱うもう一つの会社へ行ってみる。しかしここにはさっきの列など鼻くそ、というくらいの長蛇の列が!

昼に小さなサンドウィッチとニンジンをかじっただけの僕らの胃は、もうそれ自身を溶かし始めそうなほどに不満の声を上げている。そこで僕が列に並んでいる間、StichとKeaneに何か買ってきてもらう事にして僕はガイドブックを読み始めた。

一人で待っていると、思ったより列は早く進んで自分の順番がやってきてしまった。僕はまったくスペイン語など理解できない。せめて窓口の人が英語を理解できればと祈りながら話しかけるが、僕の祈りは届かなかった。何とかガイドブックの後ろに乗っている会話例を参考に聞いてはみたが、いかんせん言ってる言葉が分からない・・・。うぅ、言葉の壁がここまで高かったとは。。。

諦めてグラシアスと言おうとした時、そこに救いの神、Stich帰還。とりあえず聞き直してもらい、パレンケもビジャエルモッサもチケットは無いが、さらにそこ近くにある「ナントカカントカ」という街までならあるという。そこからはまたバスに乗ってビジャエルモッサまで行けるだろうし、もう他に選択肢は無いだろう。そのチケットをようやくゲットして列から離れた。

そしてようやく飯の時間である。二人が買ってきたのはタコス、これがまた美味いのだ。程よく聞いたスパイス、塩加減も調度いい。一緒にあったライムをかけて食べると肉の臭みを美味く消してくれるので更に美味い。空腹という最高のスパイスがプラスされて大満足した僕らは、時間まで屋台村を冷やかしてまわる。ロックに目がない僕は、スパニッシュロックのアルバムを一枚買いウキウキである。

やがて時間となったのでバス乗り場へ行き、シートに体を埋める。疲れもありすぐ眠りに落ちたのだが、暫くの後目が覚めてしまった。時間は2時、到着時間は5時半。まだまだ時間はあり、一度僕の元を去った眠気はなかなか戻らなかったので考え事をする事にした。

僕は今まで、いわゆる一般的な人生とは違う人生を歩んできたと思う。専門学校を卒業した後カー用品点で働き、その後突然トヨタの期間従業員として愛知へ行き、11ヶ月後に千葉へ戻るとその半年後にはイギリスでのボランティアプログラムに参加。1年後帰国してビックカメラでの販売員生活の後とある留学の会社で働き、そこで扱うプログラムに自分で参加するという離れ業もやってのけ、今はアメリカにいる。

今までの人生を振り返ると楽な方、楽しい方へと道を選んで大変な事から逃げていた部分も多かったなと気付かされる。以前付き合っていた子に言われた言葉が、実感を持って心にのしかかる。やろうと決めた道で、大変な事があってもそれを乗り越えた事ってないよね、と。

何か趣味でやりたい事があり、それに向かって努力した事はある。ただ、目標を決めた後でそれに向かって進み、その途中にやりたくない事があっても何とかそれをやり通し、乗り越えた経験がはたしてどのくらいあるのだろう。

今アメリカでバックグラウンドも何も無いジャンルの勉強をして、時にはやりたくない事もやりながらそれを乗り越えて、その時の達成感を味わった。今までの僕には経験が無いその事が、どんなに気持ち良かった事だろう。

分からない事を勉強し、その上で理解した一瞬というのは何とも言えず快感だった。ようやくその道へ一歩を踏み出せた気がする僕は、少しは成長できているだろうか?逃げる事だって悪くない。それだって立派な選択肢の一つだし、こうしてどこかで気付ける機会だってあるのだから。

人生が今、大きな転換期にある事を実感している僕を、バスは猛スピードで運んでゆく。夜明けはもうすぐそこにあった。

続く

|

« ご旅行は計画的に。 | トップページ | 僕の人生Rolling Stone。 »

コメント

なんかいろいろやってるみたいだけど、生きて帰って来いよ。

投稿: よっち | 2006年1月16日 (月) 16時24分

おぉ、よっちじゃないか。普段連絡をくれない君がコメントとはビックリだよ。五体満足でちゃんと帰るから安心しておくれ*帰ったらまた飲みに行こう。

投稿: Jon | 2006年1月17日 (火) 00時46分

ほんま文うまいね。

本を読み倒してる感じがする。

乗り越えた時の達成感って
たまらんよね。俺もここ数年
で実感できてきました。

今度は英語で達成感感じたい。

投稿: セカブロ | 2006年1月17日 (火) 04時28分

昨日お話しした時に、僕には想像もつかないような大変な事をしていたんだなと実感しました。きっと僕が感じている達成感とは比じゃないものをきっと感じていたと思います。自分の人生自体を大切にしつつ、もっと大きな達成感を味わえるよう努力するつもりです!

ちなみに僕は帰国後、スペイン語に手を出してみようかと思ってます。お互い語学の面でも頑張りましょう*

投稿: Jon | 2006年1月17日 (火) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24946/361951

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコで僕も考えた。:

» スペイン語の単語学習 [スペイン語の単語学習]
スペイン語の単語、今回はこれです。単語 : muchacho意味 : 少年また、あした。 [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 23時40分

« ご旅行は計画的に。 | トップページ | 僕の人生Rolling Stone。 »